金を借りるより住宅ローンの任意売却

ここ数年会社の経営状況が悪く、賃金カット、昇給はありませんしボーナスなどは以前の四分の一までに下がってしまいました。
今住んでいるマンションはバブルの時期に3800万円で購入したものです。
今では時価総額は2200万円までに下落してしまいました。
バブルの時期なので住宅ローンの金利も6%と高く、このままでは住宅ローンの支払いも滞る、というところまできてしまいました。
このようなときに考えたのが住宅ローンお借り換えですが、住宅ローンの残高が多いこととマンションの価値が大幅に下がっていることから担保不足で新たな借り入れが無理だということになりました。
そこで考えたのは、金を借りるよりも住宅ローンの任意売却です。
これは住宅ローンを組んだ銀行との交渉が必要ですが、なんとか任意売却を認めてもらいました。
住宅ローンを整理し安い物件を購入、そして金利の安い住宅ローンを組むといった方法です。
幸いにもマンションは2300万円で買い手がみつかりました。
これは幸運なパターンですね。
住む場所が変わりましたが結果としては住宅ローンの借り換えと同じようになったのもラッキーでした。
金を借りる際はなにかと面倒なことがつきまといます。
何か困ったことが起こったら必ずこちらのサイトが力になると思いますよ。

Copyright©金を借りる All Rights Reserved.

金を借りる